#043 キング オブ トレーニング「スクワット」

香川県さぬき市あります
パーソナルジムTHE KNOTで活動しております
藤本英矩(フジモトヒデノリ)です。

最近ではテレビの筋肉特集などでよく挙げられるスクワットという種目は
手軽に家でも行うことのできるトレーニングです。

私のお客様の中にもスクワットは家でもしたことあると言われることが多いですが、皆さんの鍛えたい部位にとってより良いフォームでできていることは少ないです。

実は簡単そうに見えて、非常に奥の深い種目になります。
適切なフォームでできていないと腰痛や膝痛の原因になりうります。

ではフォームの前にどんな効果が期待できるか紹介します。

・スクワットの効果
①主に下半身を鍛える種目
下半身の筋力アップ、柔軟性、安定性を身に付けることができます。

②下半身の筋肉が増えることで基礎代謝アップ
身体の中で大きい筋肉である下半身の筋肉が増えることで
基礎代謝量が増え、日常の消費カロリーが増えます。
これは食べても太りにくい身体に近づくということです。

ここから二つのフォームの紹介をします。
皆さんの目的に沿ってやり方を変えてみましょう。

①ノーマルスクワット
主にお尻、太ももの前側(大腿四頭筋)がメインになります。

両足を肩幅程度に開いて椅子に座るイメージでしゃがんで行きます。
太ももが床と並行になれば立ち上がります。

②ワイドスクワット
主に太ももの内側(内転筋)、太ももの前側(大腿四頭筋)がメインになります。

上記のノーマルスクワットより足の幅を広げます。
つま先もより外向きになり、およそ45度程度外に開き、
しゃがみます。
膝が90度程度曲がればOKです。
(個々の柔軟性により、しゃがめる深さは変わります。
無理のない範囲でやりましょう)

どちらも家でできますので、まずは10回を目標にやってみましょう。

お問い合わせ

関連記事

  1. #059 支持され続けているもの

  2. #052 セッション風景

  3. #204 玄ちゃんの肩こり改善

  4. #150 継続

  5. #186 肩こり腰痛のない体づくり

  6. #188 さぬきフェスティバル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP